SNSやブログで信頼関係のベースを築き、個別相談で高確率で契約になる

プロフィール

コンサルティングコミュニケーションの専門家、石井恵

コンサルティング × コミュニケーションをご覧いただきありがとうございます!

石井恵と申します。

コンサルティングをビジネスに取り入れて、差別化をしたい!単価をアップしたい!自分のペースでお仕事したい!と考えている方へ、

 

自然な流れでお客様があなたを選びたくなって、初対面のその日に継続的なコンサルティングの契約になる

 

さらには

 

お客様が自分から行動したくなるので、ドンドン結果が出て行動が加速する

 

そんなコンサルティングをするためのコンサルティングの考え方とスキルをお伝えしています

 

 

この仕事を始めたきっかけ

 

私、石井恵は大学時代から、ファイナンシャル・プランナーとして働くことが夢でした。

 

そのきっかけは大学3年のとき。

祖父を亡くした際、きっちり家計簿をつけていたはずの祖母が、その後の生活や治療費に不安を抱いていたことを知りました。

家計簿をつけていても、将来のお金がどうなるかはわからないのだ』と強く感じ、その時初めて、ライフプランニングやマネープランニングの重要性に気付かされたのです。

 

将来を不安に感じて毎日を送るのではなく、安心して今日の暮らしを楽しめる人を増やしたい』と考えるようになり、ファイナンシャル・プランナーになろうと思いました。

 

いずれは起業してファイナンシャル・プランナーとして個人で活動したいと考え、その為には投資やお金に関する知識をつけるべく金融機関に入ることがベストだ!と思った私は、金融機関の「コンサルタント職」に就職しました。

 

金融機関のコンサルタントは「営業」?

 

金融機関の「コンサルタント」と言っても、「え、それって結局営業なんじゃないの?」とよく聞かれます。

実際、証券や銀行で営業をしていた頃を振り返れば、「コンサルタント」とは名ばかり。

考え方もやり方も今思えば『営業』でした。

 

「お客様はどんなことを考えているのか?」「お客様にどう接したらいいのか」なんて具体的なことは誰からも教えてもらったこともありませんでした。

 

これでいいのかな?という不安と、会社から指示されるノルマとの戦い

 

お客様の人生設計にあった投資を提案するために金融機関に入ったはずが、会社(金融機関)の売りたい商品を売らなければ給与に響く・・・そんな理想と現実との板挟みでした。

 

私がやりたかったことって、これだっけ?

 

そんなことをぐるぐると考えてました。

そんな私に大きな変化を与えることになったのが、ある金融系企業への転職。

 

その企業は、社員研修でお客様とのコミュニケーションのスキルを1から教えてくれたのです。

その後、運良く、社内で売上トップ10に入る男性コンサルが代わる代わる上司となり指導してくれたのですが・・・

 

私の成績は、リストラ寸前。

全く稼げない社員としてお荷物状態でした・・・

 

入社当時、会社からは即戦力として期待されていました。

私自身、コミュニケーションも下手じゃないと思ってましたし、それなりにデキるとも思っていましたから、余計にショックです。

 

お客様は、「スッキリしました「いい話が聞けました」「勉強になりました」と言って帰っていきます。

感謝の言葉をいただけるのに、全く契約につながらないのです・・・

 

何が悪いんだろう?

 

研修の内容をなんども振り返りました。

営業の本は100冊以上読みあさりました。

営業向けの何万もかかるセミナーへも、自費で参加しました。

 

そんな状況から社内2000人の2位になるくらい劇的に変わったのには、本やセミナーのおかげではなく、これまでのスタイルとは全く違う角度からお客様と接するようになったからでした。

 

その考え方とスキルを0から話してくれたのが、人事異動で出会った女性の上司。
彼女は、押しつけることも誘導することもなく、会話するようにお客様を導いていくのです。

彼女に相談に来るお客様は、みなさんたくさんの事を話してくださるし、打ち明けてくださいます。

 

そして最後の頃には、「全部おまかせします!」「Kさんのおっしゃることならどちらを選んでも間違いないですよね」とおっしゃって、大きな契約になるんです。

そしてお客様は、感謝しながら帰っていくだけでなく、ずっと続けてくださるのです。

 

私は彼女の考え方や、1つ1つの言葉、動作の意味を確認しました。

 

そして、その行動の意味や理由を考え、確認しながら、脳科学や心理学の裏付けを取り、1つずつ取り入れていきました。

すると、1ヶ月半後には私も成約(契約)率が2倍になり、3ヶ月後には3倍になり、感謝されながらも売上がどんどん上がるようになったのです。

 

 

一般的なコンサルティングとの違いはクライアントを「主役」にすること

 

それまでやってきたのは、営業(セールス)として売り手の論理を説得することだったり、一般的なコンサルタントがやっている、問題解決のために正しい方法・合理的な方法を教えることでした。

 

それに対して私の成果が出た考え方と方法「お客様の考え方・価値観」と「本当の目的」をしっかり引き出した上で、目標設定・方法を提案する、コンサルティングをすることでした。

 

『説得や押し付けではなく、お客様が自分から行動したくなるようなコミュニケーション』

をし、

『お客様が自ら判断し、動き出すことで、契約やお客様の結果が自然とついてくる

・・・といったお客様の主体性』を大事にしたことで上手くいったのです。

 

 

自分だけでなく、周りも結果を出したことで効果を実感

 

その後32歳で拠点のトップとなり、20代から50代の部下を抱え、プレイングマネジャーとして指導・マネジメントをしてきました。

自ら実践していたことをどうやったらわかりやすく伝わるのかを常に考え、伝え続けることで、部下もみるみる成果を上げました。

 

すると、私が責任者になる前の期と比べて人員が7割弱に減ったのにも関わらず、売上は131%にアップ

また、契約率の全国トップも輩出しました。

東京都心ではなく、東北の街の店舗から全国トップトップ30になるメンバーを輩出したことに「あ、私のやっていたことは他の人にも十分通じるな〜」と感じました。

 

 

そして現在

 

そんな私でしたが、ファイナンシャル・プランナーとしての起業を経て、現在はお仕事の中心が、ファイナンシャル・プランナーからコンサルティングのコンサルタントに変わりました。

というのも、名刺交換などで私の経歴をお話しすると、コンサルティングってどう進めていったらいいのかわからない」、「スッキリしました、勉強になりましたと言われるが、定期的なコンサルの契約につがらない」、「コンサルティングでのセールスの仕方がわからないといったお話を耳にするようになったからです。

 

また、

「サービスメニューにコンサルティングを取り入れたい」
「コンサルティングで付加価値を付けていきたい」
「コンサルを取り入れることで単価を上げたい」

・・・という方もどんどん増えています。

webで集客し、SkypeやMessenger、Zoomなどオンラインでサービスを提供できることもあり、「コンサルタント」を名乗る方もどんどん増えてきていますし、「コンサルタントになることで、単価を上げましょう」と言っているコンサルタントも増えてきました。

 

それ自体はとても良いことだと考えています。
問題を抱えた方が、解決する場が増えていくことはいいことだな〜と思うからです。

 

ただ、私自身も塾形式やマンツーマンコンサルを受けた経験があるのですが、コンサルの言葉に理解はできたものの、自分の考え方やライフスタイル等にそぐわない方法を勧められ、行動に移せないことが度々ありました。

 

「正しい方法」「論理的・効率的な方法」は、頭ではわかっているけれど行動がストップしてしまう・・・
そうして、個別コンサルティングやセミナーを転々としたんです。

私のようなコンサル難民がこれ以上増えないよう、これからコンサルを強化していきたい方のお手伝いをしたいと考えるようになりました。

 

現在は、コンサルティングを業務に取り入れているブロガーさんやコンサルタント、サービス提供者相談業務を行う士業の方オンライン講座で一人一人に合わせてコンサルティングの知識や実務をお伝えしたり、個別コンサルティングを行っています。

 

実際に受講している方からは

  • 「目から鱗でした!」
  • 「こんなんで契約になるのか不安だったけど、逆にスムーズに契約になるんですね」
  • 「実際に試してみたら、お客様が自分から動いてくださいます」
  • 「これ、聞きかじりで学んだくらいでは本質が曲がって失敗しますね。奥が深い!」
  • 「難しいかな、と思ってましたけど、簡単なことなんですね!」

との声をいただき、嬉しい限りです。

あなたのコンサルティングのサポートを通じて、もっと多くの方が問題を解決できたり理想の状況を手に入れるためのお手伝いができたら、とっても嬉しいです!

 

 

私が提供するサービスではこんなことをお約束しています

 

私が提供するオンライン講座や個別コンサルティングでは、あなたの考え方や価値観に基づいた目的設定をし、あなたが実行しやすく効果の出やすい方法を一緒に考えます

 

その上で、実行をサポートし、やがてはあなた自身あなたのクライアント目標設定と振り返りを自分でできるようになる「主体性コンサルティング」をお伝えしています。

 

 

「できてない」より「できてる」をフォーカスして前向きにお話します!

 

石井さんと話してると元気になるんです!

これは、会社員時代の部下や今現在のお客様からよくいただく言葉です。

私って、普段は結構サバサバしている、というかハッキリ言うタイプなので「ダメ出しされるんじゃないか?」「厳しく言われるんじゃないか?」というイメージをお持ちの方が多いみたいです・・・

 

でも、私自身、厳しいしつけの親のもとで育ってきて、ダメ出しや厳しく言われることに萎縮してしまうので、そういうのは嫌なんです。

 

「これができればもっと良くなりますよ〜楽しみですね!」

そんな言葉がたくさん出てくる、前向きに頑張りたい人を応援するオンラインスクール&コンサルです。

 

 

動画でご挨拶

 

石井恵はこんな人

 

●1980年11月生まれ。旦那さんが一人。もうそろそろ家族が増えたら嬉しいアラフォーです。

 

●宮城県仙台市生まれ。からの福島県福島市育ち。

小さい頃から転勤族の親の影響で埼玉、郡山、仙台や盛岡・・・と転々とし、小学校高学年から高校までを福島県福島市ですごしました。

 

高校は放送部。NHKホールで年1回大会があって、その大会に向けてテレビ番組とかラジオ番組を作ってました。当時はVHS&MDの時代でしたね・・・ダビングすると画質が落ちるから編集は一発勝負でした。今の子たちが羨ましい!

その関係で、中高と地元のラジオ局にちょこちょこ出させてもらってたんですよ〜。なつかしか〜。

 

大学進学を機に上京。そこからほぼ東京ぐらしです。

大学時代は中国の上海に留学経験も。成人式は上海で迎えました。記念にチャイナドレス着て決めポーズ的な写真を撮ってもらいました。中国の方って、写真撮る時気合入ってますよね〜。アレのすごい版です。

 

32歳の時、母親の末期ガンが見つかって、看病のため1年弱ほど実家のある福島へ夫婦で引っ越しました。

その時、いろいろな後悔と、意識の変化がありました。

将来のために今を犠牲にしてないかな?

働き方はこれでいいんだろうか?

家族とはこれまで通りの関係でよいのだろうか?

そんなことも、今の仕事につながってます。

 

●最近の趣味は、落語を見ること、飛行機を見ること・乗ること。

舞台全般観ます。歌舞伎、狂言、演劇、ミュージカル、オペラに宝塚に・・・

コンサル系のお仕事は落語オススメです!楽しい中にコミュニケーションの基本がたくさん散りばめられています。

 

●旅行も大好きです!

新婚旅行はカリブ海へクルーズ船旅行。お決まりの砂浜でジャンプ写真も撮りました!

南の島でまったり〜な旅行もあれば、アドベンチャー満載の旅行もします。

飛行機が好きなので、普段から羽田空港や成田空港に遊びに行っちゃうことも多し。

海外でも、日本国内でもお仕事できる体制を目指しています。

 

●SNS

Facebookページ【コンサルティングのヒント】

twitter

 

Copyright© コンサルタントのコミュニケーション術 , 2018 All Rights Reserved.